保証制度

4つの保証システム

01.不同沈下に対する安心 「地盤保証システム」

場所毎に異なる沈み方をする不同沈下により建物の損害が出た場合、原状回復のための補修費用や補修期間中の仮住居費用等をお引渡日より20年間、1事故につき最大で5,000万円まで保証します。ファーストステージでは、建物施工前に地盤調査を実施し、その結果に基づき不同沈下を起こさないための分析・対策を実施します。万一事故が発生しても元に戻す工事を保証し、お客様の大切な財産を「足元」から支えます。

02.新居を手にするまでの信頼 「完成引渡保証システム」

保証書発行後に、着工もしくは工事の続行が不可能な事態となった場合、残った工事の完成及び引渡しを保証するシステムです。ファーストステージは、お客様により安心していただくために、不測の事態が発生した場合でも、お客様の新居完成と引渡しをお約束いたします。(別途費用が発生致します。)

03.補修費用を保証する 「メンテナンス保証システム」

お引渡しから2年間、あらゆる補修に関して無料・無制限でメンテナンス補修を行います。
また、「構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分」に関して発生した不具合いについては補修費用を10年間保証いたします。

04.最長100年までの長期の安心 「100年住み継ぐ住宅保証制度」

国で規定された10年間の瑕疵担保保証が終わる11年目から、10年毎に保険金を支払い第三者点検を行います。問題が起きる前に「住まい」をメンテナンスし、長く快適に住める住宅を維持するための制度です。(※100年住宅財団による制度です。)

>>「100年住み継ぐ住宅保証制度」パンフレットはこちら

Next Contents