人を知る

働き方インタビュー

トップページ 人を知る #02. ハウジングディレクター 樋口 純樹

#02

ハウジングディレクター三の丸ブランチ副支店長樋口 純樹

「楽しい家づくり」を、
全国展開する設計士

Q1.ファーストステージに惹かれた理由・入社を決めた理由は?

私は新卒でファーストステージに入社しました。建築・インテリアの専門学校に通っていたのですが、その学校から2人、2年連続でファーストステージに就職していました。その関係で、ファーストステージから学校にお声がかかり、先生から紹介してもらったのがきっかけです。元々家具とかインテリアが好きで、商業施設の内装をやりたいと考えていたのですが、その前に家具を置く「箱」をやりたいな、と思って軽い気持ちで見学に行きました。現場を見学させてもらったのですが、良い意味で建設現場のイメージが覆りました。設計担当者が職人さんと細かい収まりの話や、「こうしたらかっこいいよね」という話をしていて、そこまでこだわってやれるんだ!と感激しました。ここなら、自分のセンスやこだわりを形にすることができるのかもしれない、と思って他は受けずに入社を決めました。設計士の先輩の姿がかっこよかったのもありますが、職人さんたちもこだわりを持って取り組んでいて、その雰囲気にも惹かれました。

Q2.ファーストステージでの仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

ハウジングディレクターという仕事は、お客様との初回コンタクトから引き渡しまで、ワンストップで担当させていただきます。やはり皆さん最初にお会いした時は営業だと思って構えてしまう方も多いのですが、ディレクターという仕事をしっかり説明させていただいて、その上でお客様のどんな質問にも自分が答えられるようにしています。お客様との信頼関係を築くことで、ご要望なども言っていただけるようになります。自分は、プロとしてお客様のご要望を全て聞くのではなく、お客様のご要望を少し整理してあげて、良い方向に導くことを心がけています。決して自分が良いと思うプランを押しつけるのではなくて、あくまで「整理」と「提案」です。その根底にあるのは、お客様に「家づくりを楽しいと思ってほしい」という想い。家を建てるというのはそう何度もあることではないので、お客様だけの家づくりを楽しんでもらうお手伝いをするのが自分の仕事だと思っています。

Q3.今後の目標を教えてください。

現在、副店長という立場で部下の育成と店舗の管理をしています。育成においては、まず自分が部下に尊敬を持って接し、自分も尊敬してもらえるように実績も積み重ねつつ、育てるようにしています。もちろん難しさもありますが、まずなによりも、「この仕事は楽しいんだよ」ということを感じてもらいたい、という気持ちでやっています。
ファーストステージは、現在、茨城県だけではなく、東京、神奈川にも支店を立ち上げています。この経験を活かして、新たな挑戦として次はエリアマネージャーとして他県の立ち上げ・運営をやっていきたいと考えています。水戸ではファーストステージは知られているかもしれませんが、他県ではまだまだです。他の場所で「ファーストステージの楽しい家づくり」を広げていきたいと思います。そのために、マネジメントはもちろん、集客やブランディングなども勉強していきたいと考えています。

  • 人を知る働き方インタビュー