憩いの場ウッドデッキがある家

水戸市 Nさま
  • 物件について

    時の流れとともに表情を変える木をふんだんに取り入れた空間に、施主の個性を反映したN邸。

    異なる素材の質感や色合いを生かしたファサードは、カジュアルで人目を引く佇まいです。
    アウトドアリビングとして憩いの場になっているウッドデッキは、LDKを囲むようL字型に作られ、各スペースへの動線もスムーズ。

    愛犬が滑りにくいクリの床が広がるリビングは、斜めに配した段差でダイニングキッチンと間仕切り、
    空間にメリハリをつけながら視覚的な開放感も与えています。
    壁や窓に面した造作ベンチシートの中は階段下と同様に収納として活用。

    2階は家族のみが使用するプライベートな空間なので、遊び心溢れるアクセントクロスを多用しました。
    各部屋は渡り廊下でつながり、上下階の抜け感、一体感を生み出しています。
    自分スタイルの空間を実現したNさん家族は、新たな暮らしを満喫中です。

  • 設計のポイント

    ・施主の個性を反映したプラン
    ・デッドスペースを生かした空間活用
    ・段差や斜線で視覚的な開放感を演出
    ・吹き抜けのあるLDK
    ・アウトドアリビングのある間取り