リゾートライクな奥行きある平屋

ひたちなか市 Kさま
  • 物件について

    縦長の土地を生かし、奥行きのある平屋建ての住まいとなったK邸。

    外観は黒のガルバリウム鋼板とレッドシダーを組み合わせたスタイリッシュな佇まいで、庭にはシンボルツリーのヤシの木やウッドデッキがあり、
    訪れる人たちをワクワクさせるリゾートライクな雰囲気が漂います。

    室内は一転して白のクロスと建具で統一され、廊下の壁やリビングにあるTVの裏にはエコカラットでアクセントを効かせたシンプルモダンな空間が広がります。

    居間はキッチンに造作カウンターを付けてダイニングをなくし、その分、リビングのスペースを最大限に確保。そして2つの大開口が内外の一体感を生み出し、
    ウッドデッキと庭をアウトドアリビングとして使うこともできます。

    天井が高い廊下や洗面室にある天窓からは柔らかな陽光が注がれ、開放感も演出。時代に左右されないタイムレスなデザインの住まいが完成しました。

  • 設計のポイント

    ・奥行きのある平屋の家
    ・シンプルモダンな空間デザイン
    ・ゆとりあるリビングキッチン
    ・開放的なアウトドアリビング
    ・天井が高い廊下や洗面室