merritt & demerit ポイントとデポイント

住宅会社選びで失敗しない10のポイント

  • ポイントその1

    あらゆる特徴の住宅会社を調べる
    住宅会社の数が多すぎて、どこに頼めばいいか分からない? 家を建てることのできる業者数は、おおよそ人口1,000人あたり1社あります。 仮に人口百万人だと、業者数は1,000社あるということです。 そして、住宅会社にはさまざまな業態があり、それぞれ違った特徴があります。 ハウスメーカー的な住宅会社、FCに加盟している住宅会社、大工中心の工務店・・・ さらに設計重視、コスト重視、自然素材重視、職人の質を重視している、などなど・・・ ですから、迷って当然です。 同じ業態、同じ特徴を比較検討し、正しい判断をしてください。 たとえば、大工中心の工務店で自然素材を使った家づくりをしている所、 これで比較検討するなら、あなた様にふさわしい住宅会社を決められるでしょう。

  • ポイントその2

    住宅展示場を見て決めない。
    実際の家を見て決めるのに、何が問題点なのでしょう? それは、住宅展示場は、規模が大きく豪華すぎることです。 その家が良いかどうか、価値あるものかどうか、素人には判断しにくいことです。 そして、住宅展示場で使われる家は見せるように造ってあり、デメリットを説明しないので正しい判断ができないのです。

  • ポイントその3

    見積もりをたくさん取らない。
    見積もりは複数取ったほうがいいように思いますが、なぜよくないのでしょうか? それは、同じものでないと比較ができず、正しい判断ができないからです。 家に使う材料やグレードが同じものを比較しないと、良し悪しの判断ができません。 また、見積り金額が正しいかどうかはプロでないと分からない。 いや、プロでも分からないかもしれません。 さらに、それが、本当に価値あるものかどうかの判断もできません。 しかし、知識と経験があれば、見積りをたくさん取るメリットはあります。 一番は、3社くらいに絞ったほうがいいでしょう。 もちろん、あなた様の希望する家づくりができる住宅会社が前提です。

  • ポイントその4

    企業として安定している。
    いくら良い家を建てていても、財務内容が悪ければトラブルになりかねません。 そうならないために、各都道府県庁の窓口へ行き、建設業許可書類の決算書を閲覧して、財務内容をチェックしてください。 表上は、「売上○○億円」と書いてあっても、ふたを開けてみると赤字決算の住宅会社もたくさんありますので、気をつけなければなりません。

  • ポイントその5

    自社施工である。
    家づくりは長い付き合いになるので、強い責任感のある一貫施工体制の住宅会社を選ぶことです。住宅会社の中には、受注した仕事を下請けに丸投げし、自社では一切施工しない所もあります。 さらに、現場管理の行き届いた住宅会社を選ぶ。 とくに、注文住宅で家づくりをするときには、現場監督の管理が必要不可欠です。 現場管理の出来が、その家の出来に直結します。中には、ほとんど現場監督が現場に行かない住宅会社もあります。特に規格住宅を販売している住宅会社に多いです。 管理やメンテナンスなどを含めて、責任を持って仕事をしてくれる住宅会社を選んでください。

  • ポイントその6

    聞き取り能力がある。
    聞き取り能力は、最初の面談で判断できます。業者側が話す割合が2ぐらいで、 あなたが8ぐらい。これだといいコミュニケーションがとれ、要望もよく聞いてくれます。 また、上手な質問をしてくれるところを選びましょう。 例えば、
    1 「居間は何畳位欲しいですか?」
    2 「居間でどのように過ごしたいですか?」
    どちらの質問がいいですか?
    1の質問では、生活スタイルは伝わりません。 しかし、2の質問だと、生活の話になります。 生活スタイルを聞けば、ふさわしい広さや仕様、使い方もわかるでしょう。 普段の生活について質問ができる住宅会社を選んでください。 もしそうでないなら、家に合わせた生活スタイルになるでしょう。

  • ポイントその7

    新築現場が整理整頓されている。
    信頼できる住宅会社かどうかは、実際建てている現場を見ることです。 構造見学会などではなく、普段の建築中の現場です。普段の現場へ行けば、 そこでいろんな事が分ります。 例えば、建築材料が丁寧に扱われているか。煙草の吸殻があちこち散らばっていないか。ラジオがうるさく騒音公害になってないか。ゴミ置き場にゴミが溢れてないか。 働いている職人さんが、あいさつするか。 新築中の現場が、整理整頓されていて、吸殻も落ちてなくいつもきれいで、 職人さんは、さわやかなあいさつをする、そういうところがいいですね。 それが、信頼できる要素ですね。

  • ポイントその8

    腕の立つ職人がそろっている。
    年間を通して平準着工をしている住宅会社には、必然と腕の立つ職人が集まってきます。 年間を通して着工にばらつきがあると、職人のモチベーションが下がるどころか、レベルも上がっていきません。 必要な工期はしっかりと取って、お客様にご確認・ご納得いただきながら、整理整頓された現場で、腕の良い職人さんだけに、腰をすえて良い仕事をしてもらう。 また、腕の良い大工さんや業者さんはこうした環境を求めています。

  • ポイントその9

    社長の人間性を見る。
    住宅会社選びで最も大切なことは、代表者の人柄です。 どんな場合でも親身になって相談に乗ってくれるか、ということです。 この人なら、信頼できるかどうか、じっくり話し合ってください。 コミュニケーションなくして、いい家づくりはできません。

  • ポイントその10

    家づくりがライフワークである。
    家づくりにおいて住宅会社が 『何を大切にしているか』 は、非常に重要です。 建物の品質や安全性はもちろん大切ですが、それよりもあなた様とあなた様のご家族が 「毎日の生活を楽しめる」ことのほうがもっと大切です。 幸せな暮らしができる住環境を整えることを、家づくりの目的にしている住宅会社を選びましょう。