初めまして!!根本康喜です!!

投稿日:2019年06月22日

みなさんこんにちは!!!

 

初めまして!!

4月からファーストステージに入社しました。

現在は現場監督の見習いをさせていただいています。

根本康喜と申します。

 

現場でお会いした時は、気軽にお声かけください!!

 

いきなりですが、、

第一回!! ねもやんの『成長録』!!

ねもやんが学んだ事、感じた事を見ていただいている皆様にも共有したく、これから更新していきたいと思います!!

 

今回は呼吸する壁!『漆喰』についてお話をします。

 

『漆喰』とは

消石灰(石灰石を焼いて水を加えたもの)を主原料とした塗り壁材です。

 

この消石灰にのりやスサを加えて、水で練ったものが漆喰です。

 

漆喰を使った壁は「呼吸する」と言われているのをご存知でしょうか?

ちなみに僕は初めて知りました。

 

漆喰の主原料である消石灰は、二酸化炭素を吸収することで徐々に石灰石へと戻り固まっていきます。

 

 

消石灰から石灰石に戻るまでには100年を超える長い長い時間がかかります。ゆっくりと呼吸をしながら固まっていくことでお部屋を心地よ~くしてくれます。

 

 

漆喰壁が呼吸をすることで、冬場の「乾燥」や夏場の「湿気」を防ぐ効果があります。

調湿機能に優れた漆喰壁は、どの季節でもお部屋の湿度を快適に調整してくれます。

 

確かに漆喰壁の部屋での深呼吸はとても気持ちがよいです。

気になる方はぜひファーストステージ『ひたちなかブランチ』へお越しくださいませ。

 

 

エアコンなどをつけると結露の発生することもありますが、呼吸をする漆喰の壁であれば、湿気を吸い湿度を調節するため、お部屋の結露予防にも繋がります。

 

まだまだ漆喰のいいところは沢山ありますが、今回はここまでとさせていただきます。

 

 

次回をお楽しみに!!