革のメンテナンス

投稿日:2019年06月10日

水戸市注文住宅 ファーストステージ

三の丸ブランチの岡です。

 

夏の気配を感じる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか^^

 

さて、先日インテリア研修ということで
東京都清瀬市に本社を構えるmmisさんのご協力の元、
南青山にあるmmisさんの事務所にて

ユニタスさんより「革のメンテナンス」について勉強させて頂きました。

 

革の家具、革の小物お持ちの方も多いですよね!

お恥ずかしい話ですが、私は革についての知識がほとんどなかったので、
革の種類の話から特徴・お手入れの仕方までどれもしっかり聞いたのは初めてでした。

 

今回は二液性の革メンテナンスキットを紹介して頂きました。

F48C2645-E677-4207-B20F-F20FDDC2F60E
例えるなら、革のシャンプーとリンスだそうで^^
通常の髪用リンスインシャンプーだと物足りない経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
革も同じで、洗う機能と保護する機能を分けてあげることで
より効果的になっているそうです♪
しかも汚れたら塗る、ではなく
汚れる前に塗る、これが重要だと学びました!

 

メンテナンスキットを塗ってある革と塗っていない比較した
デモンストレーションをやってくださいました。
ここで辣油が登場!

Photo taken with Focos

 

塗っていない革はぐんぐん辣油吸い込む吸い込む。

(右側1/5が塗布範囲)

02A744B8-A4B4-4A2F-8BCF-3AE3D6BE6DD6

 

塗った革については同じ一拭きした後の効果が一目瞭然。

(右側1/5が塗布範囲)

AE29A0CC-7E56-423E-ABA5-5DCEE602DB82
やはり汚れる前に塗る!!!

これに尽きるそうです♪

 

 

中でもとても印象深かった考え方は、ただ革の家具のメンテナンスではなく
「暮らしのメンテナンスをする」 という考え方。

快適により長く気持ちよく過ごすためにも
色んなことを知っておくことは本当に重要ですね!

 

今後も知識のストライクゾーンが広い設計を目指して、

日々学んでいきたいと思います(*^_^*)