「旧門司三井倶楽部」を訪ねて2/2

投稿日:2017年06月28日

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

福岡日帰り一人旅で訪れた、アインシュタインも宿泊したという「旧門司三井俱楽部」。

 

 

 

 

 

今回は室内のお話。

 

 

 

 

 

BB

 

 

 

 

 

 

こちらがその実際に滞在した部屋で、当時の物がそのまま展示してありました。

 

 

 

 

そしてこちらがベッドルーム。

 

 

 

 

 

CC

 

 

 

 

 

 

実際にアインシュタインが使ったベッドです。

 

 

 

 

 

これはバスルーム。

 

 

 

 

設備のひとつひとつがおしゃれ!

 

 

DD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他はどこを見てもとても美しい装飾ばかりです。

 

 

 

 

 

EE

 

 

 

 

 

 

 

 

AA

 

 

 

 

 

 

こんな美しい建築様式を絶やさず残していきたい、そう思ってしまうしんみりした見学になりました。

 

 

 

 

 

ちなみにアインシュタインの「一般相対性理論」その他とても難しい物理学の研究内容はとても高度で難しいものでしたが、理論上「タイムトラベル」が可能な事を知った時とても夢が膨らんだこととを覚えています。

 

 

 

 

 

光の速度より早く移動すれば、過去の光つまり「過去」が見られる。そんなイメージでしょうか。

 

 

 

 

 

現実には光より早く移動を行うと重力が∞となり理屈上は不可能。

 

 

 

 

 

ならばこれを解決すれば可能になるんだ!そんな夢を持っていた高校時代の自分でした!!

 

 

 

 

 

時が経ち、気づけば今は「建築」の世界にどっぷりと浸かっています・・・。あのまま研究に明け暮れていたらもしかしたら「タイムマシン」を発明していたのかも知れませんね!?