アインシュタインも泊まった「旧門司三井倶楽部」を訪ねて1/2

投稿日:2017年06月27日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

福岡県の門司港を訪ねたもう一つの目的、「旧門司三井倶楽部」の洋館を見学して来ました。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

こちらはかの歴史的有名物理学者「アルベルト・アインシュタイン」が日本に訪れた時に1週間ほど滞在した建物です。

 

 

 

 

 

 

構造の柱梁を外部に表す「ハーフティンバー形式」のとても美しい外観です。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの建物の面白い所は、このとても美しい洋館の反対側に純和風の建物も付属しています。

 

 

 

 

 

 

賄いさんなどが使う為のスペースとの事で、やはり「日本」での建築なのだなと思う造りでした。

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

次回はアインシュタインが実際と宿泊した室内を案内したいと思います!