「門司港」大正ロマンの建物、そして・・・

投稿日:2017年06月25日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

先日の福岡日帰り一人旅で行った「門司港」。大正建築の可憐さを真近に見て感じる事が出来ます。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

街を歩くととてもレトロ豪華な建物が次々と現れてきます。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうに美しい・・・

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、古い建物の重さに浸りながら町を歩いていくと、

 

 

 

 

 

突然巨大なタワーが現れます。

 

 

 

 

「門司港レトロハイマート」タワー。

 

 

 

 

 

 

有名な建築家「黒川紀章」の設計です。

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前には「北九州市立国際友好記念図書館」

 

 

 

 

こちらの建物は「複製」ですが、新旧建築のコラボはとても奇妙な光景でした。

 

 

 

 

街にはまだまだレトロ美しい建物が点在しています。

 

 

 

 

 

この頃の建築には、今にはない「豪華さ」「美しさ」がありましたね。

 

 

 

 

私達建築に携わる者もその精神は見習って取り組まなければなりません。

 

 

 

 

続きはまた次回ご案内します。!!