自宅の室内に防犯ネットワークカメラ設置→恐怖の映像が・・・

投稿日:2017年05月13日

 

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

 

我が家には防犯対策の一環として、室内に「ネットワークカメラ(IPカメラ)」を設置しています。

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

このカメラは「留守中」でも出先からスマホで簡単に自宅の様子を見る事が出来る優れものです。

 

 

 

 

 

 

上下左右360度自在にスマホから遠隔操作で向きを変える事が出来ます!

 

 

 

 

 

 

また、夜暗くなると自動で「赤外線カメラ」に切り替わり、真っ暗闇でも電気が灯いているかのように明るく映し出します。

 

 

 

 

 

そしてもう一つすごいのは、もし不審者などが侵入して来た場合、

 

 

 

 

 

自動でカメラが録画を開始し、さらに自分のスマホに通知してくれる機能を持っています。

 

 

 

 

 

さらになんとなんと、侵入してきた不審者に話しかける事や相手の声も聴くことが出来てしまうパーフェクトなカメラなんです。

 

 

 

 

 

もう防犯対策としては十二分すぎる機能です!!

 

 

 

 

 

家族の帰宅の確認などにも活用できますので本当にお勧めの商品です。

 

 

 

 

 

そして本題はここから、

 

 

 

 

 

 

そんなカメラを夕方仕事先から覗き込んだ時に、とんでもない「恐怖」が待ち構えていました。

 

 

 

 

 

それは、この画像です。

 

 

 

 

 

NO.1

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の暗闇の中で赤外線カメラを使い床のほう撮影しています。

 

 

 

 

 

 

右上はカウンターテーブルその下には腹筋マシンとじゅうたんが敷いてあります。

 

 

 

 

 

その腹筋マシンとカウンターの下をよく見てみると、何か違和感が・・・

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

カウンターの下から、お目めぱっちりの老人の顔がこっちをギロっと見つめています!!

 

 

 

 

 

もちろん「お面」など置いてきてはおりません。さらによーく見てみると、、、

 

 

 

 

 

 

3 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや「恐怖」「恐怖」「恐怖」です。世にも奇妙な物語ってあるんだって思った瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

ちなみに私は「ドラゴンボールZ」に出て来る「ドクターゲロ」の亡霊だと思っています。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

「信じるか信じないかは・・・あなた次第!」

 

 

 

 

なお当社でお打合せ中のお客様には、この「ネットワークカメラ(IPカメラ)」より詳しい活用方法等をご案内いたします。常磐ブランチへお越しの際には柳橋までお声掛け下さい!!

 

 

ちなみに費用は本体のみですと1万円前後で買えます!!