スカイマーク神戸便~超低空飛行の怪~

投稿日:2017年04月03日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

先日の京都日帰り旅で乗ったスカイマークの神戸便でちょっと不思議な出来事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

通常旅客機は上空1万メートル~1万2千メートルを飛行します。

 

 

 

 

 

 

そこから見える景色はこんな感じ、上空はほぼ「宇宙(成層圏)」です。

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も外の景色を楽しむため窓側を予約。

 

 

 

 

 

 

 

山梨県上空まで差し掛かった時ふと窓の外を眺めました。

 

 

 

 

 

 

すると、いつもならはるか下のほうにあるはずの富士山が真横に見えます。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

明らかに高度が低い!!そういえば関東平野を通過中全然上昇している感じが無かった・・・

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば下の写真のように富士山ははるか下に見えるはずです!!

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

そして甲府盆地を過ぎると「南アルプス」の山脈上空を通過します。

 

 

 

 

 

 

案の定、3、000m級の山々が手が届きそうなくらい目の前です!

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

ズームアップすると山の木々や斜面の雪崩の跡まではっきりと見えました。

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで何度も神戸便を利用していますが、こんな低い高度は初めてです!

 

 

 

 

 

 

ヒヤヒヤしながらも無事に飛行機は神戸に到着しましたが、あまりにも不思議な出来事に

 

 

 

 

 

 

家に帰ってから「フライトレーダー24」というサイトで今回の飛行経路、高度を確認してしまいました。

 

 

 

 

 

 

このサイトは世界中を飛んでいる旅客機のリアルタイムの飛行機の高度や速度、飛行経路などが見られるすばらしい機能をもっています。

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

南アルプス上空を通過している時の高度は「18,000フィート」、約5,400m。

 

 

 

 

 

やはり通常の飛行高度の約半分でした。

 

 

 

 

どうしてこのような高度だったのかは謎のままでした、まあ貴重な経験だったと思う事にしました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに世界中では恐ろしい数の飛行機が飛んでいます!

 

 

 

 

 

こちらは中東-ヨーロッパ路線。

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

イラクやシリアを避けた飛行経路に数珠つなぎで飛んでいるのが分かります。

 

 

 

 

 

 

つぎがアメリカ本土。

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ全土が旅客機で埋め尽くされています!

 

 

 

 

 

 

飛行機のマークをクリックするとどこの航空会社でどこからどこに向かっていて高度や速度、

 

 

 

 

 

 

フライトの予定時刻まで乗っているので一度このサイトを訪れてみるのも楽しいですよ!!