春スキー→猿も木から落ちる?

投稿日:2017年04月02日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

 

先日、子供と春スキーに行って来ました。

 

 

 

 

 

子供は3歳からスキーを始めて、今年で5年。

 

 

 

 

 

 

今シーズンようやく上級者コースをスイスイと滑れるようになりました!

 

 

 

 

 

 

ハンターマウンテンの頂上、上級者コースのスタート部でもこの余裕の表情!!

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなコースもガンガン攻めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしある時、何でもない「中級者コース」を滑っていると、

 

 

 

 

 

 

 

突然コース脇に向かって進んで行き、

 

 

 

 

 

 

そのまま脇の「茂み」に突入!!

 

 

 

 

 

身動きが取れなくなっていました!?

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

そのまま体も倒れ、春の重い雪で板も動かず、しばらく悶えていました!!

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

本当はすぐに助けてあげたかったのですが、

 

 

 

 

 

 

自力で立ち上がる事が出来ないと一人で滑らせる事が出来ないので、しばらく待って我慢してみていました。

 

 

 

 

 

 

しかし、そこはまだ子供。あまりにも痛そうに助けを求めていたので諦めて助けてあげました。

 

 

 

 

 

 

結局この日は9時半~15時の間に全長2.4kmのゴンドラ「10本」、全長1.8kmの高速クワッドリフトを「2本」付き合わされました。

 

 

 

 

 

 

普通の800mクラスのリフトなら34本分・・・。

 

 

 

 

 

しかもゴンドラの頂上から山麓のゴンドラステーションまで、一度滑り出したら「ノンストップ」で一度も休むことが許されません。

 

 

 

 

 

 

私が20代の頃、現役バリバリで毎週末土日に行っていた頃でもやらなかったリフトの数とノンストップ滑走。

 

 

 

 

 

 

子供に「少し休みながら滑ろうよ!」と言いましたが、子供から一言「休むのはゴンドラに乗っている時のみ!!」と。

 

 

 

 

 

 

私が現役時代に言っていた「言葉」をさらっと言って来たので、親子の「血」を感じてしまいました。

 

 

 

 

 

 

唯一の休憩は昼食の「20分」だけでした・・・・