~日帰り京都一人旅~③天龍寺編

投稿日:2017年03月12日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

 

日帰り京都一人旅、「竹林の小径」の次に向かったのが、

 

 

 

 

 

今回の旅の最大の目的地、世界遺産「天龍寺」です。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

梅の花が咲きそろいとても風情のあるたたずまい。

 

 

 

 

 

 

今回は北門から入りました。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

門をくぐると、しばらく日本庭園が続きます。

 

 

 

 

 

そして、「曹源池庭園」と呼ばれる700年も前に築庭された美しい「庭園」に出てきます。

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

嵐山の山並みを借景に、うっとりしてしまうような庭園です。

 

 

 

 

 

 

12年前に来た時にも、日本庭園の真の美しさに初めて心打たれた事を覚えています。

 

 

 

 

 

 

しばらく庭園でまったりとした時間を過ごし、次の目的ポイント「法堂」に向かいました。

 

 

 

 

 

 

途中でも日本建築の美しさと優雅さを垣間見る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

境内を歩く事数分、ようやく目的地の「法堂」に到着です。

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

一見するとただのお堂!?と思ってしまいますが、

 

 

 

 

 

 

実は中の天井には直径9mの「八方睨みの龍」と呼ばれる巨大な雲竜図が描かれています!

 

 

 

 

 

 

その絵がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

天井一面に描かれた巨大な龍。

 

 

 

 

 

 

 

部屋のどこに行ってもじっとこちらを睨み続けます!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・と、その予定でしたが運悪くこの日は非公開日!(公開は週末のみとの事・・・)

 

 

 

 

 

 

この絵を見る事が出来ませんでした。(上の写真は境内で買った「絵葉書」です。)

 

 

 

 

 

 

ちょっと凹みましたが、また来る理由が出来たと気持ちを切り替えて天龍寺を後にしたのでした。

 

 

 

 

 

 

最後に天龍寺を南側の正面の門から出ましたが、出口の脇にあるこのつつじの生垣。

 

 

 

 

 

 

男性の拳ほどの巨大な花を咲かせます。春に行く際には一見です!

 

 

 

 

 

 

7