「常夜灯」こんな使い方もアリです!

投稿日:2017年02月27日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

 

 

 

 

夜、部屋の常夜灯をつけたまま寝られる方も多いと思いますが、

 

 

 

 

 

 

最近は主照明にシーリングライトを使わないケースが多くなっています。

 

 

 

 

 

そこでおススメしたいのがこれからご紹介するブラケット照明を常夜灯代わりに使う方法。

 

 

 

 

 

我が家ではリビングのブラケット照明を「常夜灯」として使っています。

 

 

 

 

 

 

こちらが明るい時の感じ。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらが常夜灯としての感じ。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

写真ではかなり明るく光ってみえますが、実際はやんわりと部屋全体を薄暗く照らしています。

 

 

 

 

この常夜灯のポイントは、いわゆる「豆電球」以下の消費電力でつけておける事。

 

 

 

 

「豆電球」が約5Wなのに対してこの照明の「LED電球」は3.8W!

 

 

 

 

気兼ねなく夜中つけていられます。

 

 

 

 

これから新築を検討される際はぜひ参考にして下さい。

 

 

 

 

また既に建てられた方も、ブラケットの電球を消費電力が小さめのLED電球にする事でこの使い方が出来ると思います。

 

 

 

 

「白熱灯25W相当」の電球がおすすめです!