T・M

投稿日:2016年08月28日

こんにちは(゜-゜)

 

水戸の注文住宅ファーストステージの樋口です(´゚д゚`)

 

 

 

 

 

 

 

 

遂にファーストステージも社長の念願でもあった自社での基礎工事ができるようになりました!

 

 

断熱材一体型基礎、 ” タイトモールド ”

 

 

 

 

なんとベタ基礎において、スラブと立ち上がりが一体で打設できる、これまでは想像もつかなかった基礎です!

 

しかもそれを自社で(; ・`д・´)・・・

 

 

 

その初めての現場を管理することができ、とても光栄です( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

基礎工事は一般的に枠を組んでコンクリートを流し、枠を外す・・そんな工程ですが、こちらの基礎は断熱材が枠代わりにもなるというビックリアイデア‼

 

 

 

なので、現場作業の前に工場で枠を組立・加工が必要なのです。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

たくさんの枠材・・・その中から必要なものを拾い出します(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

2

 

 

専用の作業台で組立。

 

これがあってのタイトモールド。

 

手作り感がファーストステージ(笑)

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

初めてなので、司コーポレーションさん指導のもとみんなで作業~

 

 

 

コツをつかめばスムーズ作業(´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

さすが大工さん‼

 

組立技術習得早いっす(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

現場施工編へ続く(´◉◞౪◟◉)