毎年恒例、我が家の「筑波山登山」!!

投稿日:2016年08月15日

 

こんにちは、水戸市の注文住宅ファーストステージの柳橋康仁です。

 

 

お盆休みを利用し、我が家の毎年恒例の夏の「筑波山登山」に行って来ました。

 

 

子供が4歳の時に初登頂に成功して以来、毎年の恒例行事です。

 

 

(私が小5の遠足で初めて登った時は死にそうなくらい大変でしたが、子供は4歳であっさりと登り切ってしまいました。)

 

 

1

 

 

 

今年も「つつじヶ丘」から「女体山山頂」を目指して登るコース。

 

 

筑波山登山の一番キツい所が実はこの「つつじヶ丘」から上り始めの数百メートル。

 

 

本気で帰りたくなります・・・。(毎年一瞬後悔します。)

 

 

でも、誰にも頼まれてもいない、自分の意志で来ている、止めるわけには行きません。

 

 

最初の苦痛の区間を過ぎるとしばらくは林の中をのんびりハイキング。

 

 

2

 

 

 

 

不思議な木の実を発見する余裕も生まれます。

 

 

4

 

 

 

・・・かなりグロいです。

 

 

山の中腹に出ると有名な「弁慶七戻り」を通ります。

 

 

3

 

 

 

 

 

ここを通り過ぎると、後半は岩場の連続です。

 

 

6

 

 

 

 

かなり急な岩場が連続します。

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

岩場を這い上がる様に登っていくと、ようやく山頂に到着です。

 

 

7

 

 

 

 

 

「つつじヶ丘」を午後3:40に出発し、山頂には午後4:50に到着。

 

 

 

今までは1時間30分位かかっていましたが、今回は1時間10分で登頂。

 

 

子供もかなり自信になった様ですが、山頂の一番高い岩に立った時はちょっと腰が引けていました・・・!?

 

 

8

 

 

 

 

 

3年位前までは毎年富士山登山に行っていて、その足慣らしの為の筑波山登山でした。

 

 

来年は子供にも「富士山登山」デビューさせようか、検討中です・・・!